全方位OKのマフラーの巻き方!後ろから見てもかわいくするコツ

2月のイベント

スポンサードリンク




マフラーの巻き方は、いつも同じという方も多いのでは?

 

ついついワンパターンの巻き方になりがちなマフラーですが、巻き方によって雰囲気ががらりと変わってきます。

後ろから見てもかわいくなるような巻き方も含め、色々な巻き方を知っておくと、寒い時期のおしゃれが楽しくなります。

また、首元にアクセントを作り、上半身に視線を集めるマフラーには、下半身(足)が長く、スタイルが良く見えるというメリットもあります。

 

そこで今回は、マフラーの巻き方で女性がやりがちなミスと、おすすめの巻き方を紹介していきます。

 

マフラーの巻き方で女性がやりがちなミス

ここからは、マフラーの巻き方で女性がやりがちなミスについてお伝えしていきます。

 

  • ニットの厚手マフラーのぐるぐる巻き

ボアやダウンなどボリューム感のあるアウターと、ぐるぐる巻きのニットの厚手マフラーの組み合わせ。

この組み合わせは防寒性がバツグンです。

 

しかし、首元にボリューム感が出過ぎて、首があるのかないのか分からない状態になってしまいます。

その結果、着太りして見えがちになります。

 

ニットの厚手マフラーを巻きたい場合は、細身のアウターにするか、ボリュームの出ない巻き方にしてください。

後ほど紹介するぐるぐる巻き自体は、かわいさが出る巻き方ですが、ボリューム感のあるアウターと組み合わせるのはやめた方が良いでしょう。

 

  • 複雑過ぎる巻き方

マフラーを巻くのに30秒以上かかるような巻き方は良くありません。

複雑過ぎる巻き方は、おしゃれな巻き方ではあります。

 

しかし、頑張っている感や、やり過ぎの感じが出てしまい、わざとらしい巻き方に見えてしまうことがあります。

実は、マフラーは巻き方だけでなく、色にも注意が必要です。

 

避けたいのは、真っ白と真っ黒のマフラーです。

真っ白なマフラーは、大人の女性が巻くと、顔色のくすみが目立つので、老けて見える恐れがあります。

また、真っ黒なマフラーは、全体が地味に見えてしまいます。

白い色ならばベージュがかったもの、黒い色ならば黒ベースのチェックがおすすめです。

 

マフラーは巻き方の一工夫で顔周りがこんなにすっきり!

スポンサードリンク

マフラーの巻き方には色々なやり方があります。

ここでは、

  • 後ろから見てもかわいい「ぐるぐる巻き」
  • 顔周りがすっきりし、小顔効果がバツグンの「ニューヨーク巻き」
  • 定番の「ワンループ巻き」
  • 時間のない時の「一周巻き」

を紹介していきます。

 

  • ぐるぐる巻き

後ろから見てもかわいい巻き方で、女子高校生がよくしていますね。

首元の保温性と防寒性に優れた巻き方です。

 

  1. マフラーを左右対称になるように首に一周巻きつけます。
  2. 両端を肩結びします。
  3. 肩結びを後ろにぐるっと回して、形を整えます。

 

  • ニューヨーク巻き

コンパクトにきゅっと巻くので、顔周りがすっきり見え、小顔効果があります。

シンプルですがエレガントな印象があり、大人の女性にもぴったりの巻き方です。

 

  1. マフラーの片方を少し長くして、首に一周巻きつけます。
  2. 胸の前で軽くひと結びします。
  3. マフラーの端を下に引っ張り、形を整えます。

 

  • ワンループ巻き

どんな服装に合わせやすい、定番の巻き方です。

簡単なので、私もよくやる巻き方です。

 

  1. マフラーの横幅を好みの太さに折りたたみます。
  2. 両端を合わせて折り重ねます。
  3. 輪に手をかけながら首にかけます。
  4. 輪になった部分にマフラーの先を差し込みます。

 

  • 一周巻き

時間のない時に、簡単にできる巻き方です。

私も急いでいるときに、この巻き方をしていますよ。

巻き方は簡単!

 

  1. マフラーを好みの太さに折りたたみ、片方が長くなるように首にかけます。
  2. 長い方をぐるりと首に一周巻きつけます。

 

まとめ

今回は、女性がやりがちなマフラーの巻き方のミスと、おすすめの巻き方を紹介しました。

 

色々なマフラーの巻き方をマスターして、防寒を兼ねたおしゃれを楽しみましょうね!

タイトルとURLをコピーしました