いくらあっても足りない?!子育てにかかるお金の不安を解消!?

子育て

スポンサードリンク




子どもを将来的に欲しいと考えているご夫婦やカップルは
たくさんいらっしゃると思います。

具体的に考えていなくても
漠然と「将来はこどもは何人欲しい」
という話をしたことがある方も
たくさんいらっしゃるでしょう。

でも、本格的に子どもが欲しいという話になった時に、
気になってくるのはお金ですよね。

子どもの養育費っていくらかかるのかという不安は、
だれしも持っていると思います。

今回は、こんな不安についてお話していきたいと思います。

子育てにかかるお金の平均は?

スポンサードリンク


子育てにかかるお金はどのくらいなのでしょうか?

それは、その子どもの進む道によっても変わってきます。

具体的には、習い事をどのくらいするか、
私立高校と公立高校どちらに通うか、
大学に進学するのかなどで
子どもにかかるお金の金額は大幅に変わってきます。

それを踏まえて、
今回は大学進学した場合の
子どもにかかるお金の平均を紹介したいと思います。

大学に進学した場合でも
国公立の学校に通った場合と私立に通った場合があります。

幼稚園から大学まですべて国公立に通った場合は、
2500万以上がかかるといわれています。

一方、幼稚園から大学まで私立に通った場合は、
4000万以上かかるといわれています。

これは、22年間の学校教育費と
生活費(食費や光熱費、娯楽費、衣服費)の平均金額です。

これに、習い事の費用が加わってくると
かなりの料金になります。

さらに、
この料金はストレートに大学卒業まで言った場合で、
留学したり、浪人、留年したりすると
もっとお金はかかってきます。

スポンサードリンク

よく、子ども一人育て上げるのに、
良い家が一軒たつと言われますが、
この金額を目の前にすると納得の名言ですよね。

子育てにかかるお金が足りない!そうなる前に知るべき資産運用


上記でお話したように、
子育てにかかる費用は多少前後するものの
相当な金額が必要となります。

そこで子育てをしている人々が行っているのが、
“子育て投資”というものです。

これは、様々な保険会社が行っていますが、
毎月お金を投資していって大学進学時に
一気に積み立てていたお金が戻ってくるというものです。

この子育て投資は、
わたしの父と母もやってくれていて、
この方法で大学の教育費や留学費用を賄ってくれています。

両親は、
「この投資だけを当てにするつもりはないけど、
この投資はかなり助かっている」
と話しており、
「この投資をしておいて良かった、
きっとやっていなかったら後悔していたと思う。」
と言っています。

このように、子育て投資はかなり役立つようです。

この子育て投資は先ほども言ったように
様々な会社で行われています。

どのような基準で
どこの子育て投資を選んでいくといいのでしょうか?

それは、自分の今の収入に見合った
無理なく積み立てが出来るかどうかです。

もちろん将来を考えたら、
金額は多い方がいいのかもしれません。

でも、無理して毎回積み立てするのは、本末転倒です。

今の生活を充実させながら、
将来も充実させるために子育て投資を行うので、
“無理なくできる”ということは
非常に大切なポイントになります。

最後に


子育ては、お金が非常にかかることです。

子どもが欲しいという気持ちは
とても素敵なことですが、
しっかり将来のことを考えて、
計画性をもって子供をつくりましょう!

タイトルとURLをコピーしました