地震保険は共済がおすすめ!自分に合った保険の見つけ方

スポンサードリンク




家を建てると、地震保険に加入しておくという方が大半です。

地震保険と言うものは、現在は長くても5年の契約になるためその都度保険の見直しをしなければなりません。

 

しかし、見直しをしようとしても、どの保険会社が良いのかよく分からないと言う方もたくさんおられますよね?

 

多くの保険会社が地震保険を取り扱っているので、しっかりとそれぞれの会社の保険内容や相場を知ってから保険を選ぶことが大事になります。

 

そこで今回は、地震保険の相場とオススメの地震保険についてご紹介します。

 

払いすぎていない?地震保険の相場を知る


まずは、地震保険の相場についてご紹介します。

地震保険と言うものは、火災保険などとは違いそれほど会社によって保険料の差がありません。

なぜならこの保険は、国と保険会社が共同で運営する保険だからです。

 

地震保険は住んでいる地域によって割引適用率が変わります。

地震の影響を受けやすい地域は割引率が悪く、影響を受けにくい地域は割引率が良いのです。

 

そして、地震保険は1年更新もできますが5年まで長期契約できるため、長期契約をしたほうが割引率が高くなっています。

この2つの点において、保険料が多少異なることを知っておきましょう。

 

そして保険料の相場ですが、1000万円あたり平均的には1年間で2万円程度の保険料を支払います。

 

自分でも保険料の計算が出来ますが、分からない場合は保険代理店などに相談に行くとすぐに計算しておしえてくれるので、ぜひそちらも利用してくださいね。

 

それでは次に、世代別のオススメの地震保険についてご紹介します。

 

世代別おすすめの地震保険ランキング

世代別のオススメ地震保険ランキングは以下の通りです。

20代は、1位東京海上日動火災保険、2位損保ジャパン日本興亜、3位JA共済です。

 

30代は、1位東京海上日動火災保険、2位あいおいニッセイ同和損保、3位JA共済です。

スポンサードリンク

 

40代は、1位東京海上日動火災保険、2位損害保険ジャパン日本興亜、3位あいおいニッセイ同和損保です。

 

これらのランキングをみると、共済がどれも上位になっており人気のあるオススメの地震保険になります。

 

共済で掛けるメリットは2点あり、1つは掛け金が安いことです。

民間の保険に比べて割安であるため若い世代にとてもオススメです。

2つ目は、割戻金があることです。これは新型火災共済のみに適用されています。

 

しかしデメリットもあり、見舞金が高額ではなかったり、民間の保険に比べて支払い限度額が低く、地震保険控除ができなかったりします。

 

その点を比べてどちらが自分に合っているのかを判断することが大事です。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

まとめ

地震保険は最長5年まで契約できるため、5年ごとに見直しをされる方も多いです。

しかし、どの会社で契約するのがよいのか、そして減菌的な相場はどれくらいなのか知っていないと比較できませんよね。

 

相場は1年平均2万円です。

しかし、地域や住居によって割引率が変わるため、その点もしっかりとみましょう。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

また、民間の保険と共済でも違いがあります。

共済の地震保険は割安で割戻金もあるのでとてもオススメの保険です。

 

しかし、デメリットもいくつかあるため、そのデメリットを理解したうえで、民間の保険と比べてメリットがあるかどうかを判断します。

すると自分に合った保険の見つけることができます。

ぜひこちらも参考にしてくだいさね。

 

タイトルとURLをコピーしました