人気歯科医に聞いた!歯ブラシの正しい選び方!

生活

スポンサードリンク




歯ブラシは日常的に使う消耗品ですから、なるべく安いものを買いたくなりますよね。

 

でも、自分に合った歯ブラシを選ばないと、磨き残しができて、虫歯や歯周病の原因となってしまいます。

 

選び方のポイントは、毛のかたさ、毛先の形、毛の材質、ブラシヘッドの大きさ、ハンドルの形です。

 

今回は、自分に合った歯ブラシを選ぶポイントを紹介します。

私は、自分に合った歯ブラシの中でなるべく安いものを買うようにしていますよ。

 

自分に合った歯ブラシの選び方!子どもの場合は?

では、歯ブラシの選び方のポイントを見ていきましょう。

 

1 毛のかたさ

歯ブラシの毛のかたさは、「ふつう」「かため」「やわらかめ」の3種類に分かれています。

 

一般的には、「ふつう」がおすすめです。

 

① かため

歯垢を一番よく落とします。普段の磨き方が弱めな方におすすめです。

しかし、毛がかたいほど歯や歯茎がすり減りやすくなりますので、磨き方に注意してください。

 

② やわらかめ

歯茎を傷つけにくいので、歯肉炎や歯周病の方におすすめです。

しかし、やわらかめの歯ブラシは歯垢を落としにくいので、時間をかけて磨くようにしなければなりません。

 

 

2 毛先の形

毛先が平らな方が歯に圧力が均等にかかり、きちんと歯を磨くことができます。

山切りカットのように毛先がギザギザになっているものは、きちんと毛先が歯に当たらず歯垢が落としにくいことがあります。

 

 

3 毛の材質

最も一般的な透明なナイロンのものがおすすめです。

動物の毛のものは、コシがないので歯垢が落としにくいです。

また、タンパク質でできているので、不潔になりやすいのもデメリットです。

使っているうちに広がってしまうことがなく、長持ちするのがメリットです。

 

 

4 ブラシヘッドの大きさ

奥歯と同じ幅で2本分の歯の長さが最適のサイズと言われています。

大きめのサイズだと奥歯が磨きにくいので、自分に合った大きさを選びましょう。

一般的には、「コンパクトヘッド」と呼ばれる小さめのヘッドが、細かい部分まで磨けるのでおすすめです。

 

 

5 ハンドルの形

真っすぐで突起物などがないシンプルなものが持ちやすく、細かく磨けるのでおすすめです。

カーブのついたハンドルは、奥歯が磨きにくいことがあります。

 

次に子ども用の歯ブラシの選び方ですが、毛先の形、毛の材質、ブラシヘッドの大きさ、ハンドルの形は、大人と同じ選び方でよいでしょう。

ただ、毛は歯や歯茎への当たりがやさしいので、やわらかめがおすすめです。

 

ところで、2019年7月31日に、ライオンからブラッシングの力の入れすぎを防ぐ歯ブラシが発売されました。

 

それは「クリニカ アドバンテージ NEXT STAGE ハブラシ」です!

スポンサードリンク

ハンドルがしなることで強すぎるブラッシング圧を逃がします。

さらにブラッシングの力の入れすぎを「カチッ」という音で知らせてくれるという優れものです。

ブラシヘッドは「コンパクト」と「超コンパクト」の2種類があり、毛のかたさはふつうです。

 

普段の磨き方が強めになってしまう方には、ぜひおすすめしたいですね。

 

電動歯ブラシの選び方は?おすすめはこれ!

短時間でしっかり磨きたい、手で磨きにくい。

このような方には電動歯ブラシがおすすめです。

 

自分で手を動かさず、歯にブラシを当てるだけで、電気の力でブラシが動いて歯を磨いてくれます。

電動歯ブラシは、駆動方式によって3種類に分類されます。

 

それぞれの特色を知って自分に合ったものを見つけること、これが選び方のコツです。

 

1 回転式

丸型ブラシが回転して汚れを落とします。

他の種類よりも、歯茎への刺激が強めです。

 

 

2 音波式

細長いブラシが高速振動して、音波を発生させて汚れを落とします。

刺激が少ないので、歯や歯茎にやさしいです。

 

 

3 超音波式

音波式よりも、さらに振動回数が多いものです。

歯垢を浮かせてはがす効果があります。

 

続いて、おすすめの電動歯ブラシを3品紹介します。

 

1 フィリップス / ソニッケアー イージークリーン HX6521/01

超音波式で、電動歯ブラシの振動に慣れるために、最初の14回まではパワーが低めに設定されています。

磨き時間をタイマーで知らせる機能が付いています。

私も使っていますが、使いやすいので、特に電動歯ブラシ初心者におすすめです。

 

 

2 パナソニック / 音波振動歯ブラシ ドルツ EW-DM61

音波式で、ハンドルが細いので握りやすいです。

歯周ポケットや歯間用の「密集極細ブラシ」と、歯面やかみ合わせ面を磨く「マルチフィットブラシ」の2本のブラシが付いています。

 

 

3 ブラウン / オーラル B ジーニアス 10000

回転式で、丸型ブラシが高速回転して歯垢を落としてくれます。

6つのブラッシングモードを搭載していて、歯垢、歯の黄ばみ、歯茎のはれ、口臭などに対応します。

 

まとめ

今回は、歯ブラシを選ぶポイントと電動歯ブラシの特色や選び方を紹介しました。

 

虫歯や歯周病を防ぐためには、毎日の歯磨きがとても大切です。

自分に合った歯ブラシを選んで、きちんと歯を磨きましょうね。

タイトルとURLをコピーしました