手荒れ手袋ほんとにいいのはコレ!美容師さんもおすすめの手袋

美容

スポンサードリンク




お皿洗いや家の掃除など、普段の家事で何かと水を使って掃除することが多いです。

 

特に主婦の方は、毎日のことなので冬になると手荒れをしてしまい、手がカサカサになったりひび割れなどに悩んだ経験がある方もたくさんいるのではないでしょうか?

 

私もどちらかと言うと乾燥肌タイプのため、冬の皿洗いで手が荒れて痛い思いをした経験があります。

手荒れをすると痛いし、できるだけ手荒れはしたくないものですよね!

 

そこで今回は、冬場の手荒れ対策についてご紹介します。

 

手荒れの原因を防ぐために知っておきたい洗剤の知識


まず手荒れの原因は、食器用洗剤の中性洗剤に入っている界面活性剤によっておきていることが多いです。

 

界面活性剤は、油汚れに浸透して汚れをよく落としてくれるのですが、洗い物をしている手にも浸透してしまうため、手の油までも洗い流してしまいます。

そのために手荒れが起きるのです。

 

手の皮脂が洗剤によって流され、それがどんどん積み重なっていくと同時に乾燥している冬の時期が重なると、カサカサになったり湿疹ができることもあるのです。

 

そのため、手荒れ対策には洗剤をきちんと選ぶことが必要になります。

どのような洗剤を選ぶのかというと、中性洗剤ではなく天然成分でできている洗剤を選ぶことをオススメします。

 

それから、弱アルカリ性の洗剤も刺激が強いため、手荒れの原因になります。

中性洗剤よりも油汚れが落ちる分、手の皮脂も一緒に落としてしまいます。

ですから、弱酸性の洗剤がオススメです。

また、香料の成分が配合されている洗剤も手の刺激になるので、控えることをオススメします。

ぜひ、これらを参考にしながら洗剤を選んでくださいね!

 

それでは次に、手を使う仕事である美容師さんがオススメの手荒れ対策できる手袋についてご紹介します。

 

手を使う人こそ持っている!手荒れ対策効果抜群の手袋

手荒れを防ぐためには、やはり水仕事をするときは手袋を着用することがオススメです。

私も手荒れ対策のひとつとして、洗い物をするときは必ずゴム手袋を着用してから洗い物をするようにしています。

スポンサードリンク

その効果はとてもあり、ゴム手袋をしてから洗い物による手荒れは無くなりました。

ぜひ参考にしてください。

 

また、水をよく使うと言えば美容師さんですよね。

仕事で人の髪の毛を1日に何回も洗い、パーマ液などの刺激の強い薬剤で皮脂も落とされ、手荒れで悩む美容師さんはとても多いです。

 

そのため手荒れ対策として、美容師さんも手袋で対策をしており、ショーワグローブのナイスハンドエクストラと言う手袋がオススメです。

薄手で伸縮性があり、しっかりと手を保護してくれます。

 

それから、ニトリルグローブのパウダーフリーと言う手袋もオススメです。

使い捨てで伸縮性もよく、美容師さんもよく使う手袋の1つです。

ぜひ参考にしてください。

 

他にもオススメの手袋があります。

以下のURLを参考に自分に合う手袋を見つけてくださいね♪

http://kininattyau.com/2018/06/01/roughhands-care-goods/です。

 

まとめ

冬は乾燥するため手荒れがひどくなり悩むことも多いですよね。

特に、毎日のように水仕事をする主婦の皆さんは、同じような悩みをもっています。

 

手荒れの原因は、食器洗い用洗剤に入っている界面活性剤によって、皮脂まで余分に落としてしまうことが原因になっています。

そのためオススメの洗剤は、これらが入っていない天然由来の弱酸性洗剤です。

そして、香料なども刺激になるので入っていない洗剤を選ぶことをオススメします。

 

そして、水をよく使う職業である美容師さんオススメのゴム手袋もご紹介しました。

そちらも、ぜひ合わせて参考にしてください。

 

タイトルとURLをコピーしました